SSブログ

ロッソコルサ忘年会 [フェラーリ]

 10日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の忘年会が行われた。
 当日と翌日の天気は良さそうだが、今回も足として使うA170はスタッドレスタイヤに交換済みだから一寸安心だ。

 いつも通りの時間に昼食を食べ、少し休憩して12時半過ぎに自宅を出る。県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49を通って小牧東ICへと車を進める。
 中央道は車の量は少し多いものの、走り難さは無くて順調に進む。中津川ICを超えると交通量が少なくなり、遅い車を抜かしながら淡々と進む。
 小黒川PAでトイレ休憩してから伊那ICで降りる。今回は不思議と覆面パトを見かけなかった。県道147・県道146と進んでJR伊那北駅の脇を通り抜け、15時過ぎに今日の宿美義屋に到着する。
美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿
1時間近く宿のご主人と話し込んでから部屋に入る。
美義屋の和室
美義屋の和室
パソコンを取り出し、WiFiでネットにアクセスする。WiFiが使えるのはありがたい。
PCをWiFiでネット接続させる
念の為に明日の天気予報を見るが、雪の心配は要らないようだ。メールなどをチェックしてからお風呂に入って体を温める。

 忘年会は歩いて2分の場所にある昭和軒で18時スタート。15分前に宿を出て会場へと向かう。吹く風がとても冷たい。空を見上げると月が出ていた。
見上げるとお月様が
踏切手前にある公園のフェンスには点々と明かりが灯されている。
JR伊那北駅近くの公園
電車が入ってくる。
JR伊那北駅に列車が入ってきた
伊那北駅はそっけない感じだ。
JR伊那北駅の夜
近くの店がクリスマスの電飾をしていた。
駅前の商店街
18時近くになったので昭和軒へ。
伊那・昭和軒
18時までに全員が揃い、宴会開始となる。まずはビールで乾杯だ。
昭和軒で宴会・ビール
2杯目以降はハイボールを飲む。
昭和軒で宴会・ハイボール
次から次へと料理が運ばれてくる。何度食べても美味い。
昭和軒の料理
20時過ぎで一旦お開きとなり、次は徒歩数分のお店で二次会となる。
近くのお店で二次会
ここでジャンケン大会が行われ、結構負けたけれどTシャツを戴くことができた。
じゃんけん大会で貰った特製Tシャツ
# K社長、有難う御座いました。m(_"_)m
その後も飲みながらおしゃべりし続け、21時半でお開きとなる。半分近くの参加者が3次会へと流れていった。
3次会へ向かう組と分かれる
拙者はお店を出て真っ直ぐ宿へ戻る。宿の方向は人通りが殆ど無い。
宿へと向かう
宿に戻り、メールを一通りチェックしたら歯を磨いて寝る。22時前に寝るなんて久し振りだなー。

 翌日11日は早くから目は覚めていたものの、外がまだ暗いのでそのまま布団の中に居続けて7時過ぎに起床。パソコンでメールやニュースを一通りチェックする。
 8時半に部屋を出てロビーへ。ここでまた宿のご主人と話し込んで9時20分に宿を出発する。
一晩お世話になった美義屋
車に乗り込んでメーターを見ると、気温が2度しかない。
気温は2度しかない
持ってきたカメラにフィルムをセットする。今回持ってきたのはローライフレックス2.8Fとマミヤ6(とG80mm)だ。
持参したRolleiflex2.8FとMamiya6+G80mm
ポジとモノクロの2種類で撮影する為、2台必要なのだ。

 セットし終わったら、国道153へ出て南下する。数十分走り、以前から気になっていた場所の近くで車を停めて撮影する。
以前から気になっていた場所
モノクロとカラーで撮影するので、案外時間が掛かる。
 更に、もう一ヶ所気になる場所へと進み、駐車スペースに車を停めた。歩いて橋を渡り、少し川を下ると看板が出ていた。
リバーランド天竜川猿岩水面展望台
本当はこの位置で撮影したかったが、木の枝が多くて撮影できない。
枝が多くて撮影できない
仕方なく、展望台で撮影する。
展望台から撮影
車の方へと戻りながら撮影する。
天竜川と橋

天竜川に架かる橋
帰宅後に調べたら、川沿いに遊歩道が整備されているらしいと判る。こりゃぁまた行くことになりそうだなぁ。

 国道153に戻って南下し、トイレ休憩も兼ねて道の駅「田切の里」に入る。
道の駅・田切の里
ここで和菓子などを買う。
道の駅で購入したしょうが砂糖漬けと氷もち


 再び走り出すが、やはり以前から気になっていた台城公園へと寄り道する。
台城公園の入り口
季節によってはツツジが奇麗らしい。
ツツジの看板
土地の形状を生かした小規模なお城だ。
台城公園の案内看板
歩道を歩くと結構アップダウンがある。
公園内の歩道は結構高低差がある
本丸のあった場所はかなりの広さがある。
本丸のあった場所は結構広い
周囲の木が大きくなって川が見える場所は限られているけれど、当時は眺めが良かったのではないだろうか。
本丸のあった場所から見る天竜川
公園として整備するだけでなく、当時のお城を再建すれば、立派な観光地になりそうな感じだ。

 再び国道153に戻って南下する。JR元善光寺駅のかなり手前から交通量が多くなり、「もう飯田は近いな」といつも思う。飯田ICを過ぎると徐々に交通量はガクンと減る。人家が少なくなるから当然か。
 12時を過ぎたので、阿智村のショッピングタウンピアの駐車場に車を停める。
阿智村・ショッピングタウンピア
ここで昼食を買い込み、車内で食べる。
ショッピングタウンピアで買った昼食
合計360円弱。コンビニだともっと高くついただろうなぁ。

 食べ終わったら走り出す。今回もそのまま国道153を進む。寒原峠での気温は2度だが、周囲に雪は無い。車内は暖房していないと直ぐに冷えてくる。標高が高いだけあって、流石に寒い。
 トイレ休憩に道の駅信州平谷に入る。
休憩した道の駅・信州平谷
道の駅は人が少ないので、停まっている車の大半は温泉施設の利用者らしい。

 再び走り出す。国道153はウネクネしたカーブが多くなると愛知県堺は近い。豊田市稲武町の交差点で国道257へと進んで岐阜県に入る。国道19は信号が多くてあまり走りたくないので、恵那市岩村で国道363へと進む。
 明知鉄道山岡駅近くで県道33へ。遅い軽トラが蓋をしていて10分ほどの間ノロノロ運転を強いられる。蓋が無くなったらスムーズに流れ、淡々と進む。
 そのまま進んで県道20に合流、瑞浪市稲津町で県道66へと進む。道の駅土岐美濃焼街道を通り過ぎ、交差点「旭ヶ丘北」を右折、県道69へと進む。市街地だから交通量が多い。
 JR中央線の線路をくぐって国道21に入ると交通量はぐっと減るものの、可児市に近づくと交通量がまた増える。県道349を進んで国道41に入ると、流石に交通量は多い。犬山市善師野で尾張パークウェイ(県道461)に入ると、こちらは交通量が殆ど無い。スムーズに進んで県道183に入り、16時過ぎに無事自宅に到着。
 年内のイベントはこれで全て終了、来年は新年会でスタートだ。

 今回撮影した場所以外にも気になっている場所は未だ幾つかあるし、国道以外を走れば更に気になる場所が増えるかも知れない。これからも寄り道は増えそうだな。(笑)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました